背骨の「ボキッ」は何の音?

背骨や骨盤をアジャストメント(調整)するときや、セルフケアとしてストレッチなどをされているときに背骨で「ボキッ」と音がすることがあります。この音は骨が折れたり、骨同士がこすれて音が鳴っている訳ではありません。単刀直入に言いますと、関節内にたまった空気がはじけて消失するときに起こる音です。

関節は関節包と呼ばれる組織で覆われており密閉状態にあり、この内部は滑液という関節で骨同士の滑りをよくするための潤滑液で満たされています。関節に何らかの要因で牽引力がかかると、この密閉空間である関節包内の体積が増し、そのときに気泡が発生します。そして、この状態の関節に圧力をかけていくとその気泡は消失し、そのときにボキッと音が鳴ります。