股関節の問題

股関節の問題に対してのアプローチ

股関節痛
股関節の問題に関しましては重篤な問題が潜んでいる可能性がございますので病院にてまず検査を受けるようにしてください。骨には特に異常はない、臼蓋形成不全、変形性股関節症などでしたら問題なく受けていただけます。脱臼や大腿骨頭壊死、大腿骨頸部骨折などの場合はまずは整形外科さんの方に通院し、容態が安定して来ましたら、症状の改善や予防のためにカイロプラクティックを受けていただくことをおすすめいたします。

カイロプラクティックでは、まず背骨・骨盤で起こる神経圧迫(サブラクセーション)を取り除きます。背骨や骨盤の歪みは筋骨格のバランスを乱し、下肢(股関節・膝・足首・足)の痛みの原因となります。また、仙骨や腰椎から出ている神経は下肢の筋肉をコントロールしています。サブラクセーションにより、この神経が圧迫を受けると筋肉のバランスが乱れ、痛める原因となります。下肢に関連する神経圧迫を取り除くことで自然治癒を促進します。

股関節・膝・足首などの関節・筋肉も細かく検査し、必要に応じてそれぞれの関節の矯正を行いますが、股関節の痛みがある中で無理に股関節を矯正したりするようなことはいたしません。

普段の生活で気をつけること

・姿勢を改善しましょう。
 悪い姿勢:腰や背中を丸めて座る、猫背、足を組む、片足に体重を乗せて立つなど
・可能な範囲でいいので、できるだけ関節を動かすようにしてください。運動不足による血行の悪化や筋力・柔軟性の悪化は関節の痛みの原因となります。痛くてウォーキングができない方は自転車かプールでの運動がおすすめです。股関節のインナーマッスルのトレーニングも積極的に取り組みましょう。(当院にてご説明します。)

アドバイス

カイロプラクティックを受け、改善が見られたとしても日常生活で股関節に負担をかける要因は数多くありますし、痛みの原因となるサブラクセーションや体の癖は根強く残っています。姿勢を気をつけたり、エクササイズやストレッチをすることで、ある程度は再発を予防できると思いますが、根本的な改善で再発を防止するためには症状が改善した後も定期的なケアを受けられることをおすすめいたします。