甲状腺の問題

甲状腺の問題に対してのアプローチ

頭痛
甲状腺の問題(バセドウ病、橋本病、クレチン症など)は自己免疫疾患によるものがほとんどですので、アプローチの仕方としては自己免疫疾患とほとんど同じになります。

 交感神経系には免疫反応を抑制したり増強したりする働きがあります。様々な自己免疫疾患で交感神経の機能障害が確認されており、交感神経の機能の異常(交感神経の過緊張や機能低下)が免疫機能の異常につながることが明らかになっています。また、交感神経には甲状腺の機能を亢進させる働きがあることがカイロプラクティックの臨床研究にて報告されています。カイロプラクティックでは交感神経の機能異常の原因となっているサブラクセーションを取り除き、交感神経が正常に機能できる状態を整えます。甲状腺の機能が低下している場合は交感神経でのサブラクセーションを優先して取り除いていきます。

また、副交感神経系には体で起こる炎症反応を感知し、感知した情報を脳へ送り、過剰な炎症を抑制する働きがあります。自己免疫疾患では体の様々な組織で不必要な炎症反応が起こっており、それを抑制するためにこの副交感神経の機能は必要不可欠です。また、副交感神経には甲状腺の機能を抑制する働きがあることがカイロプラクティックの臨床研究にて報告されています。カイロプラクティックでは副交感神経の機能を妨げる原因となっているサブラクセーションを取り除き、副交感神経が正常に機能できる状態を整えます。甲状腺の機能が亢進している場合は副交感神経でのサブラクセーションを優先して取り除いていきます。

普段の生活で気をつけること

・自己免疫疾患には、ストレスと運動不足という現代社会の二大特徴が関与しています。ですので、積極的に運動に取り組み、ストレスの解消に取り組みましょう。
・短期間の交感神経刺激は過剰な免疫機能を抑制し、長期間の交感神経刺激は免疫機能を増幅させることが明らかになっています。例えば運動や楽しいことをすると短期的に交感神経が刺激されますが、家庭や職場での精神的・肉体的なストレスや、長期にわたる薬の服用は長期的に交感神経が刺激されてしまいます。運動する習慣を身に着け、楽しいことや趣味に打ち込む時間を作ることで良い意味で交感神経を刺激し、ストレスの解消を行うことはとても重要と言えるでしょう。
・睡眠が不適切になると自律神経やホルモンバランスが乱れ、免疫機能の異常が起こり、自己免疫疾患の発症や悪化を促進させてしまいます。
・食事は軽めに済まし、体に良いものを食べるようにしましょう。
・規則正しい生活習慣を身に着けましょう。

アドバイス

自己免疫疾患は治療が難しいものが多く、診断を受け、不安やつらい思いにさいなまれることもあるかもしれません。しかし、ただ単に病院での治療だけに頼っていてはいけません。どうすれば自己免疫疾患が治るか?ということを考えてもなかなか答えが出ません。どうすれば健康状態を高められるか?という考え方に頭をスイッチしてみてください。正常な免疫機能を取り戻すためには、より良い健康状態が必要不可欠です。カイロプラクティックでは、皆様がより良い健康状態を取り戻す事ができるよう全力でサポートいたします。

関連したページを見る

scroll-to-top