生理痛の原因

慢性疲労
生理痛の原因として考えられるのはプロスタグランジンというホルモンです。プロスタグランジンには子宮の収縮を促進し月経を引き起こす作用があります。プロスタグランジンには痛みに敏感になる作用もあるため生理痛の原因と言われています。

生理痛がひどい方は1.プロスタグランジンが過剰に分泌してしまっているか、2.プロスタグランジンの作用に対し、上手く適応できない(過剰に反応する)体質になっています。

1.プロスタグランジンが過剰に分泌してしまう原因としては子宮を過剰に収縮させないと経血を排出できない状況にあるか、自律神経やホルモンバランスの乱れが考えられます。

・子宮を過剰に収縮させないと経血を排出できない状況を具体的に言いますと、骨盤・腰椎の歪みに伴い子宮が歪んでしまっていることや子宮口が狭いなどです。

・カイロプラクティックでは骨盤や腰椎へのアジャストメントを行い歪みの改善をサポートします。子宮口が狭いケースでは出産後に生理痛が改善するようです。

・自律神経・ホルモンバランスの乱れの原因としては、サブラクセーション(神経圧迫)や精神的ストレス、生活習慣の乱れなどが挙げられます。カイロプラクティックでは、サブラクセーションを取り除き、神経が正常に機能できる環境を整え、自律神経やホルモンバランスが正常に調整できるようにサポートします。


2.プロスタグランジンに対して過剰に反応してしまう原因としては子宮を支配する交感神経機能障害や副交感神経優位体質であることが挙げられます。

・子宮を支配する交感神経には子宮収縮を抑制する働きがあり、これが機能していないことで子宮の収縮が過剰に起こっていることが考えられます。子宮を支配している交感神経領域でのサブラクセーションを取り除くことで、交感神経が正常に機能できる環境を整えます。

・全身性の症状が出ている場合は、副交感神経優位の体質であることが疑われます。プロスタグランジンには気管支を収縮させたり、血圧を下げたり、眠気を引き起こしたり、アレルギー症状を引き起こしたりと、副交感神経の機能に類似する効果が多くあります。ですので、交感神経の働きが鈍く、副交感神経が優位になっている場合は過剰な反応を引き起こし、生理中の体調不良につながります。副交感神経優位の体質の原因になっているサブラクセーションを取り除きます。

普段の生活で気をつけること

・ 積極的に運動に取り組みましょう。
・生理中も無理のない範囲でウォーキングなどの運動を行い交感神経を刺激しましょう。
・ストレス解消などにも有効です。
・骨格の歪みを改善するために姿勢を崩さないようにしましょう。
・食事の工夫
 →オメガ3脂肪酸を含む食物(青魚など)を取るように心がけ、オメガ6脂肪酸を含む食事(お肉、外食、揚げ物、お菓子、加工食品)を控える
・マグネシウムを含んだ食事(アーモンド、大豆など)を取るようにしましょう。
・規則正しい生活習慣を見に付けましょう。

アドバイス

「生理痛は痛み止めでやりすごす」というのが現在当たり前のように行われていますが、その風潮にとても違和感があります。痛み止めの薬、例えばロキソニンは一般医薬品の中でも最もリスクが高いとされる第一類医薬品に分類されています。痛み止めの薬に頼れば頼るほど効き目は弱まり、副作用のリスクはどんどん膨らんでいきます。どうしても辛いときに薬に頼るのは仕方ないかもしれませんが、その裏に副作用のリスクが隠れていることを忘れてはいけません。カイロプラクティックケアと生活習慣の改善により、根本的な体質の改善に取り組みましょう。