低血圧に対してのアプローチ

心臓
血圧は自律神経によりコントロールされていて、交感神経の働きにより血圧は上昇し、副交感神経の働きによって血圧は低下します。低血圧の方の自律神経的な特徴は、心臓血管系に対する交感神経の低下と副交感神経の機能亢進です。また、交感神経の機能低下に伴い、副腎や甲状腺などのホルモンを分泌する臓器も機能が低下し、低血圧をさらに助長する傾向があります。カイロプラクティックでは、交感神経でのサブラクセーション(神経圧迫)を取り除き、交感神経が正常に機能できる状態を整えます。

起立性低血圧や迷走神経反射性失神を起こしやすい方にも同じようなアプローチをします。
起立性低血圧とは、横になっている状態や座位から立ち上がったりするなど、体勢を変える時や、長時間の座位・立位で立ちくらみやめまい、失神を引き起こす状態です。

普段の生活で気をつけること

・積極的に運動に取り組み心肺機能の向上を行う。
・過保護な生活環境(空調が効いた場所、除菌・滅菌された環境、過食など)からの脱却

アドバイス

高血圧と比べて、低血圧自体が病気を引き起こすリスクは低いです。「血圧の検査で低血圧と言われるけど、特に症状は出ていない。」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、低血圧があるのは自律神経の乱れが起こっているサイン!なにか症状が出てからではなく、早めの対策を!