胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍に対してのアプローチ

30122b29290ae8bcb4c99d98a4db64ed
胃潰瘍および十二指腸潰瘍の特徴
・胃潰瘍では心窩部(お腹の真ん中)に、十二指腸潰瘍はやや右寄りの場所に痛みが出る
・胃潰瘍は食事により痛みが増すが、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みが増す。
・腹部膨満、胃のガスの増加が、起きて動いている時に起こると十二指腸潰瘍を疑う。

明確な原因がはっきりとはされていませんが、交感神経の過緊張による過剰な胃酸の分泌や顆粒球(免疫組織)増加が原因となっている説が最も有力です。

カイロプラクティックでは胃酸の分泌を正常にし、胃壁を守る粘液の正常な分泌を促すためにも副交感神経でのサブラクセーションを優先して取り除き、副交感神経が正常に働ける環境を整えます。十二指腸潰瘍も同じような原因が考えられますが、ガンステッドカイロプラクティックの臨床データから胸椎(交感神経)の問題が関連していると報告されています。

普段の生活で気をつけること

・規則正しい生活習慣を送りましょう。
・積極的に運動に取り組み、ストレス解消を心がけましょう。
・胃粘膜に刺激を与えるものや、胃酸の分泌を亢進するような食べ物は避けましょう。
例:熱いもの、冷たいもの、辛いもの、消化の悪いもの、コーヒー、紅茶、砂糖、アルコール、たばこなど

アドバイス

胃酸の分泌や胃壁を守るための胃粘液の分泌のバランス、胃の出入り口の開閉具合や蠕動運動などは自律神経により絶妙なバランスで調整されています。胃酸の分泌を抑える薬はその場しのぎの方法でしかありません。根本的な改善のためには、自律神経のバランスを整えることが重要です。